背を伸ばす方法を紹介

子供の身長が伸びない悩みを解決

子供の身長を伸ばす方法で効果的なのは成長期に栄養素を補うこと

      2017/08/29

身長の高い子供

きっと誰もが感じたことがあるでしょう。自分がもちょっと身長が高ければ、あの人の身長がもうちょっと高ければ、長身な人がいいななど身長が高ければいいと思ったことがある人はきっとたくさんいると思います。なぜそんなことを思うのでしょうか。

その理由は現代の人の外見の見方にあります。

少し前までは身長が低い人のほうがかわいいと思う人がたくさんいたと思います。また男性でも身長が低くてかわいらしい男性のほうが好意をもたれることが多かったりと低身長ブームだったかもしれません。

しかし時代が移り変わるのと同じように人の見方も変化してきたと思われます。そんななか今は身長の高い人のほうが人から良く見られたり、全体のバランスが整っていると身長の高い人こそ好意をもたれるといったそんな時代になってきています。

中には身長が低い人のほうがいいと思っている人もいるかもしれませんが広い目で見てみると身長が高い人を好む人の方が多いと思いです。そして子供の身長を伸ばしたいと思う人は多いはずです。

子供の身長を伸ばすとなると、色んな方法がありますよね。牛乳、運動、睡眠などが一般的ではないでしょうか?この他にも身長を伸ばすために知っておきたい事があります。

とにかく牛乳を飲めばいいとか、身長を伸ばす栄養食品を口にすればいいなど、食べるものに気を使っている親は多いかもしれませんが、それ以外はどんな事をすれば子供の身長を伸ばしやすいのでしょうか?

成長を促す5つの栄養素

まず身長を伸ばすためには骨を伸ばさなければなりません。そのためには骨を成長させる必要があります。

そこでポイントとなってくるのが骨の両端にある骨端線といわれる軟骨部分です。この軟骨部分が成長することで身長を伸ばすことができます。この軟骨部分を成長させるには5つの栄養素を十分に摂取することが大事になってきます。

5つの栄養素というのは、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、たんぱく質、亜鉛のことです。これら5つの栄養素が骨端線といわれる軟骨部分の成長を促す働きをします。なのでこの5つの栄養素を基準として食材を選ぶと身長を伸ばすことにつながってきます。

5つの栄養素が含まれている主な食材

カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、たんぱく質、亜鉛、これらを含んでいる食材はたくさんあります。まずカルシウムを含んでいる一般的な食材は牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品、わかめ、しらす、えびやうなぎなどの海産物、小松菜、大根、チンゲン菜などの野菜、豆腐、油揚げ、納豆やごまなどの大豆製品などがあります。

マグネシウムを含んだ食材は木綿豆腐、牡蠣、アーモンド、ほうれん草、大豆、インゲン、落花生、かつお、鰹節などがあります。

ビタミンDを含む食材はしいたけ、しめじ、かつお、さんま、ぶり、鮭などがあります。
たんぱく質を含む食材は豚肉、牛肉、鶏肉などの肉類、まぐろやさんまなどの魚類、たまご、大豆製品、乳製品などがあります。

亜鉛を含む食材は牡蠣、納豆、ホタテ、豚のレバー、豚のもも肉などがあります。
こう見ていくと一般的な家庭の料理に使われるものばかりです。他にもたくさんあるので探してみるのもいいかと思います。

それぞれの栄養素を含む食材の一般的な調理例

カルシウムを含んだ乳製品はシチューやチーズケーキ、ヨーグルトを使ったスムージーなど、海産物はお味噌汁など、野菜はおひたし、煮物、野菜炒めなど、大豆製品は主流のお味噌汁や他の食材と混ぜて新しいものなど、使い道はたくさんあります。

マグネシウムを含んだ豆類は豆腐を使ったハンバーグやインゲンを使った和え物など、魚介類はグラタンやつみれなどいろんなりょうりにいれられます。

ビタミンDを含むきのこ類はしいたけの肉詰めやはさみ揚げ、スープや酢の物などに、魚類は塩焼きや照り焼きなどにできます。たんぱく質を含む肉類はハンバーグやしょうが焼き、肉じゃがなど、たまごはオムレツ、卵焼き、スクランブルエッグなどにできます。

亜鉛を含むレバーや赤み肉はレバーの串焼きやレバニラ炒め、ビーフシチューなどに使えます。それぞれの栄養素を含んだ食材はいろんな料理に応用できるので楽しく調理してみて新たな料理を作り出すのもありかと思います。

食事にとりいれることで無理なくストレスを感じることなく身長を伸ばすのにつなげていけるのでこれらを理解したうえで試してみるといいかと思います。

身長を伸ばすスポーツ

昔から身長を伸ばすにはジャンプを沢山するスポーツが良いと言われていたので、バスケットボールやバレーボールなどを思い浮かべますが、最近では、あまり関係ない事がわかってきました。

「バレーボールやバスケットをする選手は背が高いから、そういった運動をすれば身長が伸びる。」これは本当でしょうか?

答えはノーです。

選手は背が高いからバレーボールやバスケットで活躍しているのであり、バレーやバスケットをやっているから背が伸びるのではありません。しかし身長を伸ばすためには、バスケットやバレーボールに限らず運動が大事になっていきます。

ジャンプする、ひねる、走るなどの全身を使う運動をすると、その時の刺激が骨に伝わって身長が伸びやすくなります。

こういった全身運動は、ただスポーツだけに限った事ではありません。鬼ごっこをしたり、遊具で遊んだりなどの遊びでもできます。

小さい子供は公園遊びが大切というのは、四季を感じたり社交性を身につけるだけではなく、身長を伸ばすためにのびのびと遊ばせる事ができるからです。また、全身運動は体が疲れてぐっすりと眠る事ができます。

ちなみに、バレーボールやバスケットだとジャンプする機会が多いため、骨を丈夫にする事はできます。カルシウムも骨を丈夫にする事が目的なので、バレーボールやバスケットが無意味というわけではありません。 

そして、運動は適度にやるのがポイントです。激しい運動をすると、筋肉をとにかくたくさん使います。すると、身長を伸ばす栄養素のタンパク質が筋肉を修復するために利用されてしまい、身長があまり伸びなくなってしまいます。

逆に体を曲げたり伸ばしたり捻ったり、もちろんジャンプしたりという、体全体をまんべんなく使う運動が良いとされています。足だけや手だけではなく体全体をバランス良く使う運動はバドミントンや縄跳びなどの運動が有効ではないでしょうか。

また最近ではトランポリンなども全身運動として注目されています。

ある人の息子さんが高校生の時にトランポリンをはじめて168cmだった身長が189cmになったと聞いています。このように体全体を使ったスポーツをバランス良くやる事で身長が伸びる事につながります。

思春期を遅くすると身長が伸びる

思春期と身長の伸びは関係あります。その理由は、思春期がくると身長の伸びは止まってしまうからです。思春期が1年遅くくると、身長は5センチも多く伸びると言われているぐらいです。

ではなぜ思春期がくると身長は止まるのか、少しずつ順を追ってみていきます。

思春期とは?いつぐらいにあるもの?

まず思春期とは、性ホルモンが分泌されて性を意識する時期の事です。男性は精巣から、女性は卵巣から性ホルモンが分泌されて生理が初めてやってきます。

歳で言うならば、10歳を過ぎた時ぐらいです。小学生の高学年か、中学校1年生ぐらいですね。

この時期になると、男子は筋肉質な体になっていき、女子は胸が発達してふっくらとしていきます。性ホルモンは、骨の先を硬くする作用があります。

骨の先は軟骨になっており、分裂して身長が伸びていきます。性ホルモンはその分裂を止めてしまい、体を大人へと近づけます。

この性ホルモンは、親や子供の努力次第で思春期を遅らせる事ができます。それが睡眠です。

睡眠について

身長を伸ばすためには睡眠がとても関係しているようです。幼児は十時間以上、小学生で十時間、中学生以上で九時間から十時間が理想の睡眠時間のようです。

よく寝る子は育つと言いますが、本当に睡眠と成長には深く関係があるようです。寝ている間に成長ホルモンが沢山分泌されるからです。

また日本人は世界の中では睡眠時間が短いようでフランスやイギリスなどはとても睡眠時間が多い国のようです。欧米人に背の高い人が多いのとも比例しています。

眠くなるホルモンが身長を伸ばす

睡眠中は、メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれていて、眠気を誘うホルモンです。人間は朝日を浴びると体の体内時計がリセットされて、メラトニンの分泌が止まります。そして、それから時間が経つとメラトニンが再び分泌されていき、眠くなります。

メラトニンには、性ホルモンの分泌を抑える力があります。そのため、まだ身長が伸びきっていない時期に性ホルモンが活発に分泌されるのを防ぎます。

寝ると身長が伸びるやすいと言われるのは成長ホルモンが分泌されやすいからですが、メラトニンも関係あるのです。

必ず9時までには寝る。昼寝は適度に

「寝る子は育つ。」と言いますよね。昔から言われている事なんですが、それはきちんと科学的に証明されています。また、子供の時に親から「早く寝なさい。」とか「9時までに寝なさい。」などを言われた事はありませんか?それにも理由があります。

その理由は、夜10時頃~夜中2時くらいまでは成長ホルモンという身長を伸ばすホルモンがよく分泌されるからです。人間は寝ている時に自己回復ができるため、その時間は熟睡してホルモンの分泌を促進させなければいけません。10時に熟睡しているという事は、9時までに寝ないと熟睡できないため、子供は9時までに寝るように言われているのです。

昔は9時までに寝る子は珍しくなかったのですが、最近の子供は夜更かし気味だと言います。スマホでチャットしたり、塾、親が働いていて夕飯が遅いなど理由は様々です。9時までに寝るのが難しければ、せめてベッドに入ったらすぐに眠れるように日中は活動的に動きたいものですよね。

そして、小さい子供だと昼寝をする子もいると思います。昼寝は夜の睡眠に影響してくるので、ほどほどにしておきましょう。子供によっては昼寝をたっぷりしても夜はぐっすりと寝る子がいます。また、少ししか寝ていないのに夜は目がぱっちりと開いている子もいます。年齢によっても昼寝の時間は変わってきますよね。どのくらい昼寝がその子に影響を与えるのかは、子供の様子を見ながらにしましょう。

身長が伸びなくなる原因

初潮や精通を迎えると、身長が止まると良く言われますが、思春期を迎えると成長ホルモンが一気にでるそうです。そして徐々に減少していくので成長が止まるようです。

適度なスポーツでストレスを発散させて、思春期を遅らせることで成長ホルモンが人より長く出る事になります。また近年ではあまり心配はないかも知れませんが喫煙はやはり成長ホルモンを止めてしまうので絶対に喫煙しない方が良いでしょう。

そして過激なスポーツで幼いうちに筋肉をつけすぎてしまうと、身長が伸びないとも言われています。理由としては筋肉は蛋白質を必要とするため身長を伸ばすために必要な蛋白質を使ってしまうからです。

体ができていないうちの過激なスポーツは避けた方が良いです。

このように子供の身長を伸ばすためには、良質な蛋白質と亜鉛を含んだ食品をバランス良く摂り、体全身を使う運動を無理なく行い、思春期を出来るだけ遅らせ、過激なスポーツは避けてストレスをなくし睡眠時間を長くとる事です。

身長を伸ばすサプリメントの効果は期待できる

子供の身長が小さいと何とかして身長を伸ばしてあげたいと考えるのが親ではないでしょうか。

身長を伸ばす方法は様々ありますが、身長を伸ばすサプリメントを飲む方法もあります。
サプリメントを飲む方法で疑問になるのが、本当に身長が伸びてくれるのかどうかです。
では身長を伸ばすサプリメントの効果はどのようになっているのでしょうか。

身長を伸ばすサプリメントに含まれている成分の一つにアルギニンがあります。アルギニンは成長ホルモンの分泌効果を持っています。身長を伸ばすためにも必要としているのが成長ホルモンです。

成長ホルモンが十分に分泌できていないと身長だけでなく体の成長も十分にできません。

生活のリズムによって成長ホルモンの分泌量が変わってきてしまうのですが、十分に分泌できる生活をしていても十分ではないこともあります。

成長ホルモンは外から補給することはできませんが、分泌を促してくれたり成長ホルモンの働きを助けてくれる成分があります。

その成分の一つがアルギニンで、アルギニンが含まれているサプリメントは身長を伸ばす効果に期待ができます。

ちなみにアルギニンが含まれている食材と言うと大豆、クルミ、アーモンド、落花生、マグロ、豚ロース、牛ひき肉などが代表的になります。こうしてみますと豆類が多いことから、おやつにはスナック菓子ばかりではなく、落花生やアーモンドなどを食卓に出すこともかなり効果的になります。

でも豆類はスナック菓子と違って味付けが薄いことから子供があまり好まない場合があります。そうすると本来成長のために摂取をするべくアルギニンが摂取できなくなってしまいます。ですのでそんな時に頼りたいのがサプリメントになります。

サプリメントであれば少量の中に必要な成分が凝縮されていますので効率よく必要な栄養素を摂取することができます。ここで成長期におすすめのサプリメントをご紹介したいと思います。

のびのびスムージー

皆さまはのびのびスムージーと言うサプリメントを聞いたことはありますでしょうか。ネーミングからして身長が伸びそうな名前ですが、特に身長が伸びにくいお子さまには持って来いのサプリメントになりまして、サプリメントのタイプと致しましてはスムージーになるのですがたったスプーン1杯の量で一日に必要な栄養素が十分に補える商品。

具体的には通常の食事から取れる重要な栄養素の摂取量を100%として比較を致しますと、ビタミンAは209.3%、ビタミンEは129.7%、ビタミンB1は196.6%、ビタミンB2は155.7%、ビタミンB12が160%、ビタミンB6は114%、カルシウムが137.8%、となっております。そしてのびのびスムージーのモニターの方々のリピート率も高いので多くの人が満足しています。

具体的な感想としては、両親とも160センチ程の身長なのですがのびのびスムージーを始めた所、中学3年生の時には171センチまで身長が伸びたと言う喜ばしいお話や、成長期のお子様に飲ませた所、ぐんぐんと身長が伸びてしかも野菜嫌いだったからスムージーなら飲んで栄養素を摂取することができるので一石二鳥でとてもよかったと言う声も届いています。

特にのびのびスムージーには成長期をサポートするアルギニンを始めとしたアミノ酸がたっぷり配合されているので効果が期待できます。

のびのびスムージーの詳細はこちら

カラダアルファ

さて、もう一つご紹介をしたい身長を伸ばすサプリメントがあります。名前はカラダアルファと言う商品になります。

このサプリメントは特に10代専門に特化をした商品になりますのでまさに中学、高校生の方にはもってこいのサプリメント。

ちなみに骨の成長に必要な栄養素はミネラル、カルシウム、リン、マグネシウム、タンパク質、コラーゲン、アミノ酸などが代表的な物になります。

カルシウムについては牛乳の55.6倍、そして鉄分はほうれん草の28倍、そしてβカロテンはニンジンの10.9倍の量が小さなサプリメントに凝縮されているのです。骨の成長を促したい10代にはぴったりの成分がカラダアルファに含まれています。

カラダアルファ(α)の詳細はこちら

 - 子供の身長