背を伸ばす方法を紹介

子供の身長が伸びない悩みを解決

子供の身長が伸びない原因

   

子供

子供の成長は親が何よりも心から期待をしているものにはなりますが、しかし親の期待とは裏腹になかなか思ったように身長が伸びてくれない場合があります。

その理由といたしましては両親が身長が低かったり遺伝的なものについてはしかたありませんが、そうではない場合にはもしかすると低身長症やホルモンバランスの関係性を疑わざるをえない場合があります。

ちなみに何らかの理由で低身長と判断されるケースは100人中2~3名いるとされています。

ですので皆さま、そしてお子様の心配をなくすためにも身長が伸びない理由についていくつかご説明をさせていただきますので該当すると思う場合には参考にしてみて下さい。

平均身長よりも著しく低い時

さて、お子様の身長が同学年、同じ歳の子供たちと比べた時に平均身長よりも著しく低い時には低身長の基準だと言えるでしょう。

では平均身長よりも著しく低い時と言うのはどうやって判断をすれば良いのかと言いますと、これにはきちんとした公式がありまして、その目安となる数値どいたしましては平均身長とのばらつきの大きさ(分布幅)を示したSD値(standard diviation)と言うものが使われます。

+2SD~-2SDの間が平均値とされていますが、平均身長よりも著しく低い時には-2SDよりも下回っている場合が多く低身長の判断されます。

ただ上に記載をしたSD幅(分布幅)についてはご自身で計算を行うことは難しいと思いますのでもしご自身のお子様が周りのお子様に比べて平均身長よりも著しく低い時には一度学校の先生や保健所に相談をしてみると良いでしょう。

また平均身長よりも著しく低い時には内臓疾患などの影響もありますのであまり軽視しない方が良いでしょう。

病気以外のケース

また病気以外のケースで身長が伸びない場合があります。

逆にまだ病気の方が原因がハッキリとしていますので諦めがつくこともありますが、病気以外のケースの方がどうして我が子は身長が伸びないのだろうかと気になってしまいます。

ですのでこのような心配を一掃するためにも病気以外のケースではどのようなことが原因で身長が伸びないのかと言うことをお話させていただきます。

まずは遺伝や家族性にはよるものになりますが、もし両親や祖母、祖父の親戚の方々の身長が全員160センチ以下の場合にはいくら成長期のお子様だからと言ってお子様が180センチになることはありません。

これは昔から言われている遺伝的なことが大きく寄与いたしますのでしょうがないことになりますので親御さんも本人も諦めがつきやすいと思います。

また病気以外のケースの中でも昨今問いただされているのが環境性についてです。

これは遺伝性や家族性の内容とは異なりまして各個人の生活習慣が大きく影響をしてきます。

具体的には十人十色によって異なる食事、睡眠、運動や子供ながらに感じているストレスになります。

特に成長期なのに極端に食が細いお子様や、お肉など好きな物ばかりを食べているお子様に関しては成長に必要な栄養バランスが保てていないために身長が伸びにくくなってしまうことがありますので好き嫌いなく何でも食べるようにしつけをする必要があります。

さらに病気以外のケースとして深刻なのが子供とは言え大人と同じ人間ですのでストレスを感じることがあります。

ですのでストレス人間よって自律神経のバランスが崩れてしまった場合などには本来成長期になると一番分泌されるべく成長ホルモンの分泌量がストレスを感じていな一番同世代のお子様に比べると著しく少なくなってしまうために身長が伸びずに低身長になってしまうこともあるのです。

尚その他に病気以外のケースで低身長になると考えられる理由といたしましては『突発性低身長症』や『体質性低身長症』または『非内分泌性低身長症』の可能性もありますので気になる場合には直ぐに医師に相談をしましょう。

病気が原因のケース

では次に病気が原因のケースで身長が伸びない場合のお話をさせていただきます。

幾つかの原因が考えられますので早速ご説明をします。

まずは成長ホルモンの分泌人に対して異常がある場合です。

これは成長ホルモン分泌不全症低身長症と呼ばれておりまして本来骨の成長を促進させて成長の役目を果たす成長ホルモンの分泌が不足してしまうことで低身長になってしまうケースです。

そしてこのケースの原因には下垂体が障害を受ける外傷や脳腫瘍などがあります。

また具体的な原因が判明していなくても成長ホルモンの分泌が少なくなってしまうことがあり、病気が原因のケースとなる場合がアリスので気になる場合には医師の診察が必要になります。

また甲状腺ホルモンが不足していることで低身長になってしまう場合もあります。

これについては病気が原因のケースとして甲状腺機能低下症として診断されます。

成長するためのホルモンとしてはつい成長ホルモンを連想してしまいますが、実は甲状腺ホルモンも骨を成長させる役目がありますので甲状腺ホルモンが低下してしまいますと低身長の原因となってしまうのです。

具体的には慢性甲状腺炎によって甲状腺が破壊される原発性甲状腺機能低下症や生れながらにして甲状腺機能に問題が見られる先天的なもの(クレチン症)などがあります。

その他に病気が原因のケースといたしましては小さく生まれてしまったことが原因となりますSGA性低身長症があります。

ちなみにSGAとはsmall for gestational ageの略語です。

どのようなことかと言いますと、出産の時点で平均的な身長や体重よりも小さく生まれてしまう『子宮内発育不全』のことになります。

だいたい多くの場合は3歳位までには平均的な身長や体重に追いつくのですが、ごく稀に身長の伸びが悪く平均より著しく低くなってしまう場合があります。

ターナー症候群とは染色体に何かしらの欠損がある病気になりまして女児の2000人に一人の割合で見られる症状になるのです。

またプラダー・ウィリー症候群とは染色体の15番目の異常となる病気になりまして、男女に関係なく10000人に一人の割合で見られる症状になります。

ですのでこの2つはどちらも低身長の症状として起こり得るものになるのです。

また確率的には低いのですが病気が原因のケースといたしましてはターナー症候群やプラダー・ウィリー症候群などの染色体の異常が低身長の原因となる場合があります。

低身長を治すために

では低身長を治すためににはどうしたら良いのかと言うお話をさせていただきます。

低身長を治すには各原因によってそれぞれの対策が異なりますのでもし皆さまのお子様が該当する場合には参考にして下さい。

まずホルモン分泌が不足している場合には成長ホルモン分泌不全性低身長や甲状腺機能低下症が原因と考えられることがありますので、どのホルモンが不足しているかを調べてホルモンを補って治療を行い低身長を治します。

またSGA性低身長症の場合には成長ホルモンを投与して低身長を治していきます。

またターナー症候群やプラダー・ウィリー症候群などの場合ですが、ターナー症候群の時は成長ホルモンまたは女性ホルモンを投与して、プラダー・ウィリー症候群やヌーナン症候群の場合には成長ホルモンを投与することで低身長を治すように改善します。

このように現代の医学技術を駆使することで低身長を改善するための治療をすることができますのでもし皆さまのお子様や知り合いの方が低身長できますのでお悩みの時には一度医師に診断をしてもらった方が良いでしょう。

 - 子供の身長