背を伸ばす方法を紹介

子供の身長が伸びない悩みを解決

子供の身長が伸びる時期について

      2017/08/29

身長が伸びる時期

小学生や中学生になると周りの身長が高い同級生や上級生を見ると、ちゃんと自分も成長できるのだろうかと心配になることがあります。

統計として家系や両親の身長が高いと子供達も身長が伸びる可能性が高まりますが、でもそれでも人生の中で身長が伸び易い時期と言うものがあります、ただ昨今では食生活の乱れや生活習慣の乱れで身長が伸びにくいと言う子供もいますので、その様な子供達のためにもどの様な時期に身長が伸びやすくなるのか、そしてその時期には何をしたらよいかを子供だけではなく親側もしっかりと把握しておく必要があります。

こんな疑問を抱いている方いませんか?

「どうしてうちの子は、他の子より凄く小さいの」「なんで私、身長伸びないんだろう」「親が小さいから私は、身長が伸びない」そんな疑問を抱いている方、大丈夫です。

なぜなら親の遺伝は、20%と言われていま。残りの80%は、自分の努力で伸ばす事ができるのです。そして、お子さんが小さくても必ず身長が伸びる時期があるので不安になることはありません。

それでは、どんな時期に身長が伸び。どんなことをすれば身長が伸びるのか、身長を伸ばしたい方や子供には、大きく育ってほしいと言う方に「身長が伸びる時期」についてを紹介したいと思います。

身長が伸びる時期

この身長が伸びる時期は、生まれてから2回訪れます。
1回目が産まれてから生後1年の間です。

子育てをした方なら分かると思いますが、産まれた頃は、凄く小さく身長が50センチ・体重が3キロ位ですが、1年立つと身長が70センチ体重が9キロ位になります。(こちらは、平均しての身長・体重になります)

産まれた時から一年後を比較してみると、身長は1.5倍・体重は3倍になっています。
大きく生まれても小さく生まれても、おっぱいの吸う力が強い赤ちゃんは、どんどん大きくなっていきます。小さく産まれようが大きく産まれようが、お母さんのおっぱいをよく吸う赤ちゃんは、みるみるうちに大きく育っていくのです。

しかし中々おっぱいを吸えない子や吸う力が弱い赤ちゃんは、吸う力が強い子に比べ伸びが悪い場合もあります。そのため吸う力が弱い赤ちゃんは、中々伸びにくくまってしまう場合があります。

しかし伸びが悪くても2回目の時期もあるので心配しないで下さい。

身長が伸び易い時期

さて身長が伸び易い時期についてのお話をさせていただきますが、やはり10代の頃が一番の成長期になりすので成長ホルモンの分泌と共に比例をして骨全体が伸びることで身長が伸び易くなります。

10代の中でも良く身長が伸び易い時期は男女によっても異なるのですが、まず男子だと12歳~17歳で女子だと10歳~14歳になります。

男女共に時期は、違いますが、この2年間が一番伸びる時期と言われています。これを過ぎてしまいますと、少し伸びる程度、又は伸びが止まってきます。

なので身長を伸ばしたい方は、この2年間が大切な時期です。
しかし伸びる時期だからと言って、生活習慣や摂取する栄養が悪ければ伸びも悪くなりますので注意して下さい。

栄養素で良く悩む方がいるのですが、意外にサプリメントを利用されている人も多いので一つの参考に。カラダアルファ(α)は人気のサプリメントになっていますのでチェックしておくのも良いと思います。

ただ小学生の頃は、女子の方が身長が高く、小さくて悩んでいた男子も中学生になると急激に身長が伸び大きくなっていてビックリしたりしますよね。それは、思春期の時期が違うからです。

よく小学生の頃は、男子の方が小さくて女子に「チビ」なんて言われる男子もいたと思いますが、必ず成長期は、くるので安心して下さい。
個人差によりますが中には、成人しても身長が伸び続ける人もいます。

確かに自分の記憶を遡って見ると小学生のうちは女子の方が身長が伸び易い時期にあったために男子が恥ずかしい思いをしていたのを思い出します。女子の方が成長が早いのは、女子の方が男子よりも成長ホルモンが出るのが早いためです。

子供が「なんで、身長が伸びないんだろう?」と悩んでいたら「思春期の時期が違うんだよ」と教えてあげて下さい。

そして中学、高校になると今度は男子も成長期に入るので女子に追いついたり追い越したりして逆に男子全体の体つきが男性っぽくなってくるので今度は逆に女子が男子のことを異性として意識し始める年頃になるのです。

10代後半になると男女ともに成長が落ち着いてくると言う訳です。

この様に身長が伸び易い時期は、男女で分かれますので伸び易い時期に何をすべきかを親子で考えてみましょう。

身長が伸びるメカニズムについて

さて皆さまも興味がある身長が伸びるメカニズムについてのお話になりますが、そもそも身長が伸びるという事はどう言うことかと言いますと、それは骨を伸ばすことになります。

もう少し具体的に言いますと手足、そして骨格の骨が伸びることによって身長が伸びると言うことになります。

そして成長期の骨の先端は柔らかく骨先線と言う軟骨でできており骨が伸びるのですが、大人になるとこの現象は見られなくなってしまいます。

また成長期には早いスピードで骨が成長期してしまうと膝が痛くなることがありますが、対策としては骨端線を成長させる様にすれば大丈夫です。

昔から寝る子は育つと言いますが身長が伸びるメカニズムは骨が成長するのは起きている時ではなくて寝ている時に成長ホルモンが分泌されますのでしっかりとした睡眠が必要になります。

成長に必要な食事を知り、伸びる時期に対策しよう

成長期には比例をしてお腹が空くものです。

基本的に代謝が活発な年代でもありますので何を食べても大丈夫なのですが、その中でも成長に必要な食事と言う物がありますのでお話をさせていただきます。

成長に必要な栄養素は一般的にカルシウムとされていますが、それ以外にもビタミンC、D、たんぱく質、鉄、亜鉛も大切になります。

でもこれだけを聞いても具体的に何を食べたら良いかのイメージが付きにくいと思いますのでご説明を致しますと、卵や牛乳、そして肉類になります。

そう考えると普段の食生活でまかなっていると思いますが、卵にはたんぱく質の他に亜鉛、ビタミンも含まれていますので、ゆで卵でも良いので1日1つは食べておきたい物です。

特に成長期には三食をきちんと食べることが大切になり、食べた物が骨の成長につながっていきますので一食を抜いただけでも骨を作るエネルギーが少なくなってしまうことになります。

成長に必要な食事としてはインスタント食品やカップラーメンではなく、バランスの取れた食事を1日三食食べると言うことになります。

伸びる時期にこそ気を付けたい。身長が伸びない原因

先程も言いましたように、生活習慣が悪ければ伸びも悪くなります。もし身長の伸びが悪いと言う方は、このような生活習慣を送っていませんか?

運動不足

最近では、ゲームに夢中だったり、暑い・寒いと言って昔に比べ外で遊ぶ子供が減ってきています。しかし身長を伸ばすには、適度な運動、そして運動をする事で骨に刺激などをあたえてくれ伸びるようになるので、なるべくなら適度な運動を心掛けましょう。

ストレス

ストレスをためてしまうと、ホルモンバランスが乱れてしまいます。乱れてしまうと、思春期の時期を短くしてしまう事があるので注意して下さい。

しかしこの時期は、反抗期もきますし自分の意志が出てくる時期です。なので思うようにいかずイライラしたり、塾や勉強でストレスがたまる時期でもあります。ストレス発散は、適度にさせるようにしましょう。

栄養不足

身長を伸ばすには、栄養のある物を取るのがとても大切なのです。
しかし子供が好き嫌いしてしまう。
同じ物しか食べない。

カップラーメン・コンビニ弁当・冷凍食品など栄養のない物が多い。このようになってしまうと伸びも悪くなります。
なので、カルシウムやたんぱく質・ビタミン・マグネシウムなど、栄養のある食生活を送りましょう。(栄養のある物でも食べ過ぎは、肥満の原因になります。肥満は子供の身長と大きな関係があります。詳しくは子供の肥満は早めに対策しよう!肥満体は身長が伸びない原因の一つをご確認下さい。)

もし忙しくて毎日栄養のある物ばかり作っていられないと言う方は、お子さんにサプリメントで栄養を補ってもらうのも良いと思います。より身長を伸ばすためにサプリメントとしてカラダアルファ(α)はよく利用されているので参考程度に確認しておくといいでしょう。

子供の身長を伸ばす方法で効果的なのは成長期に栄養素を補うこと

睡眠不足

思春期に大切なのは、栄養のある食事と睡眠です。しかし今では、ゲームやテレビ・勉強などで寝るのが遅くなってしまい睡眠不足になってしまっている子供が多いのではないでしょうか?しかし成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、身長を伸ばしたいのであれば、少し我慢し、しっかり寝るようにしましょう。

ちなみに睡眠の眠りが深ければ深いほど良いので、昼間はしっかり運動や外で遊びいっぱい疲れて夜は、しっかり寝ましょう。

思春期になると日頃の生活習慣で身長の伸び方が変わってきてしまうので、しっかり運動・食事・睡眠をとりましょう。

身長を伸ばすには?

身長を伸ばすには、骨を伸ばす事が重要です。

しかし大人になると骨は伸びなくなるので身長を伸ばしたいのであれば、この成長期の間に骨を伸ばしましょう。
そして、睡眠・運動・食事に気を付けていけば、身長は伸びていきます。

睡眠について

骨は、起きている時ではなく寝ている時に伸びます。特に深い眠りに入るほど成長ホルモンが沢山分泌されます。なので睡眠の取り方によって伸びが変わってきます。

深い睡眠をとるには?

明るいと深い睡眠が取れません?なので次の事に注意していきましょう。

・昼間より夜に寝ること
・テレビや音楽・電気を付けて寝ない
・就寝する1時間前には、テレビやゲームなどをやめる(寝る前にテレビやゲームなど脳を活発にさせるので中々寝付けなくなります。)

詳しくは、ぐっすり眠る方法を習慣付けて寝付けない体を改善しようをご確認ください。

運動について

骨を伸ばすには、運動も必要です。特に膝(縦方向)に刺激を与えると骨が伸びやすいです。学校で体育の授業や当校・下校で歩くだけでも大丈夫ですし、バレーやバスケットは、縦方向の刺激を与えてくれるので部活に入るのも良いと思います。しかしあまり筋肉を付けすぎると身長を伸びづらくなるので注意して下さい。

家でストレッチやラジオ体操をして刺激を与えるのもいいと思いますので、無理しない程度に膝に刺激を与えてあげましょう。

食事について

よく身長を伸ばすには、牛乳やカルシウムをとると良いと言われていますが、それだけでは身長を伸ばせません。身長を伸ばすには、たんぱく質・ビタミンC・ビタミンD・亜鉛・鉄を取ることが必要です。

卵・乳製品・大豆製品・肉類・ほうれん草などをバランスよく取ると良いでしょう。ちなみに卵でたんぱく質・ビタミン・亜鉛が入っているので毎日卵を取るようにするといいです。

もし食事で心配な方は、子供の身長を伸ばす食べ物や必要な栄養素を参考にしてください。またサプリメントで必要な栄養を取るようにしても良いと思います。

こんな食べ物はダメ

・甘い食べ物・飲み物の取りすぎ。
骨を作るために食事に気を付けていても、甘い物を取りすぎると他の所にエネルギーを使われてしまうので取りすぎに注意しましょう。

・ジャンクフードの食べ物
ジャンクフードとは、カロリーや塩分が高く栄養が無い物。例えば、カップラーメンやファーストフード・スナック菓子など。
血糖値を上げてしまったり体にも良くないので、できれば控えましょう。

身長が伸びる時期には、深い睡眠・適度な運動・栄養のある食事を毎日取る事で身長の伸び方が変わってきますので今身長を伸ばしたい方、是非頑張ってみて下さい。

 - 子供の身長