背を伸ばす方法を紹介

子供の身長が伸びない悩みを解決

成長に差が出る成長期に身長を伸ばす方法を取り入れよう

   

成長期の子供達

成長期には男性と女性では差がありまして、女性の方が少し早く10歳~14歳がピークになり男性が13歳~17歳となります。

因みに今では現代科学の進歩によって自分はどの位まで成長できるのかを予測することができるのです。

その計算とはまず男性の場合には(父親の身長+母親の身長+13)÷2+2となり、女性の場合は(父親の身長+母親の身長-13)÷2+2となります。

そして傾向と致しましては小学生のうちはどうしても女性の方が身長が伸びるのが早いので、特に男の子をお持ちの親御さまはこのことを知っておかないとどうしてもうちの子は周りの女の子よりも成長が遅いのだろうかと悩んでしまいます。

また男女に成長の差があることは致し方ないとしても、成長期にいかに身長を伸ばすかを促進させることができますのでいくつかの方法をご紹介させていただきたいと思います。

身長の伸びが遅く我が子に試してみたいと言う方は是非ご参考にしてみてください。

栄養の摂り方

成長期に身長を伸ばす方法には何と言っても栄養の摂り方がとても大切になって来ます。

確かに何を食べても良いと言えば良いのですがでもその中でも効率が良い栄養の摂り方をすることによって成長を促進させることができます。

因みにタンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛が成長期に必要な4大栄養素と言われています。

またこの中でも成長ホルモンの分泌を促す効果があるタンパク質が一番重要になります。

そしてタンパク質を多く含む食材は肉類、魚類、卵、豆類、乳製品になります。

また成長期のお子様は何と言っても肉類が大好きだと思います。

でも肉類はタンパク質が豊富な分脂質も多いので食べ過ぎには注意をしましょう。

尚、脂分が少ない赤身の部分を食べるのもワンポイントになります。

そして肉類の中でも豚肉はタンパク質の他にビタミンB1も多く含まれていますので成長期には欠かせない栄養となります。

特に人参と合わせて食べると一緒にカロテンも摂取できますので成長にはもってこいのコンビネーションになりますので栄養の摂り方にも工夫をしてみましょう。

小さい時から身長のことが気になるなら子供の身長を伸ばす方法で効果的なのは成長期に栄養素を補うことをご確認ください。

睡眠

身長が伸びるために良いと言われているのが「睡眠」です。

よく昔から『寝る子は育つ』と言いますがこれは別に親が子供を寝かしつけたいからできた諺ではなく、それなりにちゃんとした理由があります。

それは成長ホルモンは起きている時ではなく寝ている時に分泌されるからです。

ですので睡眠の質が成長を促すと言っても過言ではありません。

また睡眠を取るにあたっては夜の22時から2時までの間がゴールデンタイムと言われていますし、成長ホルモンと言うのは寝たら直ぐに分泌される訳ではありません。

睡眠をした後の1時間後位のノンレム睡眠時から分泌されますのでしっかりとこの時間帯は熟睡をしている必要があります。

因みに成長ホルモンが成長には大きな効果があることはご理解いただけたと思いますが、もう少し詳しくご説明をさせていただきますと、成長ホルモンは骨の形成を助けるだけではなく細胞分裂を促して筋肉の成長までも補助してくれるのです。

ですので成長ホルモンは大切になってくる訳なのですが、1つ気をつけたいのが、子供は代謝活動が早い分だけ夕食後数時間するとまたお腹が空いてしまったり最近では夕食後に学習塾や運動系の習い事をする子供も少なくありません。

ですので就寝前にお腹が空いてしまうことが多々ありますが、だからと言って好きなも物を食べてしまっては体は寝ていても胃腸は機能したままになっています。

これはどう言うことかと言いますと総合的に体が睡眠をしていないことになりますのでノンレム睡眠ではなくレム睡眠の状態になっていますので成長ホルモンが上手く分泌されていないと言うことです。

ですので就寝前の飲食はなるべく避ける様に致しましょう。

運動で身長を伸ばせる!

成長期にはパッと見た時に、どのぐらい体が成長したのかを目で見て確認できる、唯一の時期になりますが、特に身長に関しては成長にも大きな差があり、バラつきを感じる部分かもしれません。

運動も身長を伸ばす為には、やっておきたいことの1つなのです。運動は身長を伸ばす為にする事としてあまり言われないのか?と思われる方も多いとと思います。

ある統計では、成長期に運動しない子より、積極的に運動している子の方が、身長が沢山伸びると言われており、運動は身長を伸ばす為にも重要な鍵となってくると考えられます。

例えば、腕を伸ばしたり、ジャンプの動きが多く入るスポーツは、骨の成長を促す事でも知られています。陸上、テニス、バスケ、バレー等のスポーツは、特に手足を良く伸ばしたり、動きも活発なので身長を伸ばすのに効果的とされています。

成長期は、体を大きく動かす運動を積極的に取り入れてみると、骨の成長や形成にも影響を与えますので、身長を伸ばす効果を期待できるでしょう。

運動は適度に

実は、運動をし過ぎると身長が伸びない原因となってしまいます。
それは、筋肉の一部に負担が掛かりすぎて身長が伸びにくくしているのです。

身長を伸ばすのには、適度な骨への刺激によって身長が伸びやすくなるのです。

身長を伸ばしたい時に避けたい事は、例えば下半身だけの筋トレに励むなどの運動は一部の筋肉に負担が大きすぎて骨の成長を邪魔する結果になってしまいます。
酷い場合には、骨の端にある軟骨が傷つけられて身長が伸びない結果を招いてしまう事があります。
その他に、筋トレ以外でもマラソンなどの運動した後に何も出来ない位に付かれてしまう事などがあります。

基本的には、筋肉痛にならず適度な疲労感のある運動がおすすめです。

しかし、どこまで運動をしたら良いのか分からないからと言って運動をしないと言うのも考えものです。

節度を守れば、骨が成長する為に必要な刺激が得られて成長ホルモンが作られるので、試さない手はないと思います。

どんな運動が良いのか?

骨が成長するのに必要な刺激は、上下運動など骨の縦に力が掛かる事です。
例えば、体の縦に力が掛かりやすいジャンプを多くする運動が特にオススメです。

この運動方法でなければいけないと言う事もないのです。

スポーツをする子供に多い落とし穴

サッカーやバレーなど特に将来プロを目指している成長期の子供がよくしてしまいやすい事があります。

それは、運動をしすぎて十分な食事が摂れないなど、体に十分な栄養が補給出来ない事によって身長が伸びないなど成長を妨げる事があります。

この状態が続けば、「低身長」という理由の為に医師が運動を止めると言った状態になる事もあります。

その為に特に運動をしている子供は、バランスの良い栄養を多く摂る必要があると言われています。

運動後の栄養補給もその1つです。

普段あまり運動をしない子供よりも毎日運動を良くする子供の方が、骨の新陳代謝が早い為にその分、多くの栄養が必要になって来ます。

しかし、こういった事を知らずに毎日の様に激しい運動を続けて、体に必要な栄養も十分に摂らない状態が続いてしまうと、本来はその子が伸びるはずだった身長まで伸びずに、低い身長のまま大人になってしまう子供がプロを目指す子供達の中では比較的に多い様です。

その他にも種目によっても、マラソンや体操などの選手は体に掛かる負担が大きい事から身長が低いが多い傾向の様です。 

運動で骨を強く

骨の成長に欠かせない運動は、骨を太く丈夫にするのに必要で特に子供の時に、運動をしている事によって大人になってからの骨粗鬆症を防ぐ事が出来ます。

適度に運動をして十分な栄養を取る事によって丈夫な骨を作る事が大切で高校生までの期間は多くカルシウムなどを摂って骨を強くする事を意識して行う事が必要です。大人になるとカルシウムを骨に貯められない為、常に意識してカルシウムを摂る事が大切になります

姿勢を正して身長を伸ばそう!

成長期には、学校等で同じ姿勢で座っている時間が長くなりますので、どうしても姿勢が悪くなり易いと言われています。姿勢が崩れる事で背骨が曲がってしまったり、血液循環や内臓の調子が悪くなってしまう事で、身長が伸びる条件が悪くなり、折角の成長を妨げてしまいます。

身長を伸ばす為には、日常的に姿勢を正す事がとても大切になってくるのです。特に成長期に多いのが猫背の姿勢ですので、背中が丸まらない様に気を付ける事や、座った時の姿勢にも注意するだけでも、身長を伸ばす効果は期待できるでしょう。猫背を治す方法を取り入れ体の負担を無くそうも一緒によろしければご確認ください。

食事時にもきちんと姿勢を正すだけで、内臓の働きも活発になり、しっかりと食事に含まれた栄養素も吸収して、身長が伸びるのに条件の良い体を作ってくれますので、意識的に姿勢を正しておく様にしましょう。

 - 子供の身長