背を伸ばす方法を紹介

子供の身長が伸びない悩みを解決

子供の身長を伸ばす食べ物や必要な栄養素

      2016/06/28

食べ物

自身の身長があと10センチ、いや、5センチでも良いから大きくなりたかったと思っている方はいませんか?

また子供の身長を気にしているご両親は多いと思います。男の子なら、好きな女の子より大きくありたい、好きなスポーツでは高身長の方が有利だから身長を伸ばしたいと望み、女の子なら、高すぎなくて良いからある程度大きい方が素敵なお洋服をかっこよく着こなせる、将来モデルになりたいなど、子供自身が身長を伸ばす事を望んでいる場合もあります。

身長は遺伝で決まると思い込んではいませんか?実際は遺伝で身長が決まるのは、たった20パーセント前後と言われています。つまり残りの約80パーセントは自分の努力次第で身長が伸びるという事なんです!身長が伸びるピークは高校生の時と言われています。高校生までのお子様方をお持ちのご両親や子供達、希望が湧いてきませんか?

努力次第で身長が伸びるなら、毎日必ず誰でも行う事を身長を伸ばす事と関連させてしまいましょう。誰でも毎日行う事、それは【食事】です。身長を伸ばす為に必要な栄養素や食事などご紹介したいと思います。

身長を伸ばす為に必要な栄養素とは

まず、身長が伸びるというのは、骨が成長している為に身長が伸びます。骨の両端にある骨端線が成長する事で身長が伸びます。しかし、ただ骨を強化したら良いという訳ではありません。睡眠中に分泌される成長ホルモンも必要です。こちらではそのホルモンについては省きます。

身長を伸ばす為に有効な栄養素は、タンパク質、カルシウム、ビタミンD、マグネシウムや亜鉛などです。

誰しもがまず最初に思うのはカルシウムですね。健康な骨、そして歯を作る為に必要な栄養素です。いくら良い睡眠をとったとしても、カルシウム不足だと、身長がぐんと伸びる事はありません。

そして、あまり知られていませんが、タンパク質です。これらは、成長ホルモンの分泌を促す作用があります。多く成長ホルモンを分泌する事で、骨の強化へと繋がりますね。タンパク質は骨を強化する成長ホルモンの分泌を促す作用を持っている他、筋肉や髪の毛、爪や血液などを作る材料となります。

成長期の子供達は大人より沢山のタンパク質を摂取する事が必要です。中学生くらいの男児では85g、女児で70g程とされています。大人男性で70g、大人女性で55gですので、やはり大人より多くのタンパク質を摂取する事が必要ですね。

マグネシウムもカルシウムと密接に関係しています。骨や歯の形成に関わっており、骨の健康を健やかに保つ役割があります。そして亜鉛です、亜鉛は身長を伸ばすには必要不可欠な栄養素です。亜鉛は成長ホルモンの働きを活性化する効果があります。

そしてビタミンDは小腸でカルシウムの吸収を促進する作用があります。この5つの栄養素が身長を伸ばす為に重要で必要不可欠な栄養素となります。

必要な栄養素は何の食材で摂取できるのか

重要な栄養素については先述の通りですが、ではどのような食材に含まれているのでしょうか?1つずつ紹介していきます。

最初に身長を伸ばす為に積極的に摂取されているカルシウムです。牛乳に含まれています!と言いたい所ですが、それだけでは栄養は偏ってしまいますね。他にも小魚やエビにもカルシウムが含まれています。他にはヨーグルトやチーズなどの乳製品。豆腐や納豆などの大豆製品。大根や野沢菜、小松菜、海藻類などもカルシウムが含まれています。

次にマグネシウムです。マグネシウムはカルシウムとのバランスが大事です。1:2の割合で働くミネラルですので、カルシウムが含まれている食品と一緒に摂取する事が望ましいです。マグネシウムが豊富な食品は、アーモンドや落花生などのナッツ類、ほうれん草や牡蠣、木綿豆腐やカツオです。注意なのはナッツ類はカロリーも高い為、食べ過ぎはよくありません。

次に亜鉛です。亜鉛は骨の成長に直接関与している栄養素となります。亜鉛が豊富な食材は牡蠣、納豆、ほたて、豚モモ肉、和牛モモ肉になります。亜鉛は人間の身体で作り出す事は出来ません。その為、食事から摂取する事が必要です。

そしてビタミンDは身長の伸びに関係しています。これらが含まれている食材は魚やキノコに多く含まれており、鮭やニシンやサンマに、キノコ類はキクラゲや干し椎茸に多く含まれています。

最後にタンパク質です。1番成長期には必要な栄養素と言っても過言ではありません。タンパク質は細胞の生成や骨を伸ばしてくれるだけでなく、筋肉強化や爪の生成にも必要です。成長期の子供達にはタンパク質たっぷりの食事を用意しましょう。

タンパク質が多く含まれるのは肉や魚、乳製品や卵、豆類や豆製品などに含まれます。これらを積極的に摂取して頂きたいですが、肉、魚、乳製品等は動物性タンパク質でカロリーも高く、食べ過ぎはカロリー過多にもなるので、大豆や納豆、豆腐などの豆製品などの植物性タンパク質を積極的に摂取するようにしましょう。いくら高カロリーとしても、全く摂取しないのではなく、バランス良く摂取する事が大事なのです。

全ての栄養素には骨の強化や身長を伸ばす作用、強化する作用があるものなので、上手に組み合わせた献立を考えましょう。

効率の良い成長をさせるために大切な栄養素

身長が伸びやすい、いわゆる成長期と言われる時期には睡眠、運動、そして食事の3つが大切になり、どれか1つが欠けると効率の良い成長ができなくなってしまいます。

特に昨今ではインスタント食品やカップラーメン、そしてファーストフードが充実しておりますので成長期の子供たちにとっては目の前に美味しい物が目白押しとなっています。

しかしこれらに挙げられる物の多くにはカロリーが含まれていますが成長期に肝心の栄養素とされるカルシウム、マグネシウム、ビタミン類があまり含まれておりません。特に皆さまもお聞きになったことがあると思いますがカルシウムは成長期には欠かせない栄養素になりますので、食事の中に取り入れていかなければなりません。

成長期には好き嫌いなく何でもまんべんなく食べることが基本大切になります。そして若い時は特に新陳代謝も活発ですので大人と違って多少お肉類を多く食べたとしても運動をすれば直ぐに痩せることができます。

これは別の言い方をすれば食べた物の殆どが成長するためのエネルギー源に変わっていると言うことにもなります。特に身長が伸びるという事は骨が伸びると言う現象ことです。これを専門的言葉で言いますと骨端線と言う骨の軟骨の部分が成長することになります。

そして次に豊富にある食材の中でも特に身長を伸ばす=骨の成長をスムーズにするために良いとされている栄養のお話をさせていただきたいと思います。

身長を伸ばすためには、栄養バランスの良い食生活を送ることが大事です。
中でも特に重要な栄養素は、カルシウム・たんぱく質・マグネシウム・亜鉛の4種類です。

しかし分かってはいても実際にはどの様な物を食べ、そして具体的にカルシウムを摂取するに当たって何がオススメかと言うことをまずは書いています。成長でお悩みの方がいらっしゃいましたら是非参考にしていただければと思います。

カルシウム

皆さまも幼少の時に親御さまから言われたことがあるかと思いますが、カルシウムは身長を伸ばすに当たっては必要最低限の栄養素と言っても過言ではありません。

しかし育ち盛りの時にはついお肉類ばかりに目が行ってしまいますのである意味カルシウムはつい見落としてしまいがちの栄養素になるのですが、カルシウムの役目と致しましては骨の芯となるコラーゲンを支える役目があります。

またカルシウムは一度に沢山の量を摂取するのではなく、継続をして取り続けることが大切になります。それはどうしてかと言いますと大人と違って成長期の骨は日々生まれ変わっていますので継続をしたコラーゲンが必要になると言うことと特にカルシウムは口から摂取した場合の吸収率が悪いと言うことが理由になります。

そしてカルシウムを摂取するに当たってお勧めの食材ですが、何と言っても牛乳になります。牛乳は成長期のお子様に対してはカルシウムとタンパク質を含む一石二鳥の飲み物となります。

ですので吸収率が良くてお勧めなのですが、その分脂質も含まれておりますので飲み過ぎには注意が必要です。

海産物にもカルシウムが含まれています。特にワカメやシラスにはふんだんにカルシウムが含まれていますので副菜としてでも良いので1日に一度は口にすることをお勧めします。

その他にも野菜や大豆製品にもカルシウムが含まれていますのでお肉類以外の副菜物にも配慮をして効率の良いカルシウム摂取を心がけましょう。

身長を伸ばすには、骨を伸ばさなくてはなりません。そこに欠かせないのが、何と言ってもカルシウム。骨や歯を強くする働きを担っているとても便利な大事な栄養素です。

骨自体を作るのはたんぱく質ですが、カルシウムが足りなければ、骨がしっかり成長してくれないのです。

カルシウムといえば牛乳というイメージが強いと思われますが、もちろんそれだけではありません。

チーズ・ヨーグルトなどの乳製品。
小魚・しらす干し・わかめ・干しえびなどの海産物。
小松菜・チンゲン菜・切り干し大根などの野菜類。
納豆・油揚げなどの大豆製品や、ごま。

このように、カルシウムが豊富に含まれている食品はたくさんあります。

年齢が上がるにつれて、体内へのカルシウムの吸収率は下がっていく傾向があるので、子供のうちからきちんと摂取していくことが大切です。

乳製品でお腹を壊してしまうという人は特にカルシウム不足になりがちなので、できるだけそれ以外の食品から摂るようにしましょう。

カルシウムと成長について

ここで改めてカルシウムと成長についてですが、普段から良く聞く言葉ではありますがカルシウムと成長はどの様な関係にあるのかと言うことを振り返ってみたいと思います。

成長期に欠かせない栄養素の一つであるカルシウムですが、実は分かっていても普段から意識をしていないとつい不足気味の栄養素にもなるのです。そして具体的なカルシウムが促す成長期の効果なのですが、具体的には骨の芯とも言えるコラーゲンを支える効果があるのです。

成長期の骨と言うのはほぼ毎日生まれ変わって行くので一回に大量のカルシウムを摂取すれがそれがしばらく持つかと言うと実はそうではなくて、日々継続をして摂取して行かなければならないのです。

またカルシウムと言うのは摂取をしてから体内に取り込まれる吸収率が実はあまり良くありませんので、常日頃から意識をして摂取することを心がけておかなければならないのです。

乳製品

さて常に摂取することを心がけなければならないカルシウムですがやはり普段皆さまがくちにすることが多い乳製品から摂取することがお勧めの方法になります。

特に乳製品にはカルシウムの他に成長には欠かせない栄養素の一つであるタンパク質も多く含まれておりますので、一石二鳥の食材になるのです。何と言っても乳製品の代表食品と言えば牛乳になります。

子供は牛乳を飲むのが大好きですし、飲みやすく吸収もしやすいので毎日コップ1杯の牛乳を飲むように心がけましょう。またおやつにはスナック菓子だけではなくチーズを摂取すれば良質たカルシウムを摂取することができます。

ただし乳製品とカルシウムを語る上では摂取しやすい分だけ脂質も含まれていますので摂り過ぎには注意致しましょう。

海産物

カルシウムと言うと乳製品がつい注目されがちですが実は海産物にもカルシウムは含まれております。具体的にはどの様な物かと言いますと、わかめやヒジキが最高の海産物食材と言えます。

特にお肉をたくさん食べたい成長期の年ごろにはあまりわかめやヒジキを嫌煙しがちになってしまいますが好き嫌いせずに摂取することで良質なカルシウムを摂取することができるのです。またシラスや干しエビについてもカルシウムが多く含まれております。

これらは見るからに魚と言うイメージがありますので骨を食べると言うことからまるごとカルシウムを取ることができます。

ただ、海産物と言うのは成長期の方の食卓ではお味噌汁に入っていたり何かの副菜として出てくることが多いかと思いますので量的にはあまり多くないと思いますだからこそ好き嫌いをしないで少量の海産物を食べることで皆さまの成長を陰から支える存在となるのです。

是非海産物とカルシウムの因果関係もお忘れない様にお願いいたします。

たんぱく質

骨や筋肉の元となるたんぱく質は、成長ホルモンの分泌も促してくれます。たんぱく質が含まれる食品としては、肉・魚・卵・乳製品などが代表的です。

しかしこれらは、動物性たんぱく質です。

たんぱく質の量は豊富ですが、特に肉類には脂肪分も多く含まれています。動物性脂質はオーバーカロリーになりやすいので、食べすぎに注意が必要です。

おすすめなのは高たんぱくで低カロリーな、植物性たんぱく質。

豆腐やおから、納豆など、豆類や大豆製品に多く含まれています。これならヘルシーに、たっぷりとたんぱく質を摂ることができます。

動物性・植物性、両方のたんぱく質をバランス良く摂取しましょう。

マグネシウム

ちなみに皆さまも一度はお聞きになったことがあるかと思いますが、大豆から豆腐を作る際に大豆から絞った豆乳を固める時ににがりを使用します。実はこの『にがり』なのですが、原料が塩化マグネシウムになりますので、このことからも豆乳にはマグネシウムが沢山入っていることが分かります。

また魚介類にもマグネシウムが多く含有しており、特に牡蠣やシジミを始めとした貝類がお勧めになります。また貝類を生で食べることに抵抗がある方はリゾットにしたりグラタンにしたりパスタにして別の形で食すのも良いでしょう。

更に貝類全体がどうしてもダメだも言う場合にはイワシにもマグネシウムが含まれていますので食してみてください。その他にも皆さまが食べやすい食材にもマグネシウムは含まれておりまして、例えば落花生やクルミなどの種実類になります。

これらは普段のオヤツとして食べることもできますし、また細かく砕けばサラダや炒め物に入れて食べることもできます。

この様に種実類は工夫をすれば色々な食べ方ができますので是非種実類からマグネシウムを摂取されることもお勧めになります。

マグネシウムは、カルシウムとセットで摂ることで骨の成長に効果を発揮します。カルシウムを吸収しやすく、骨に定着させる働きがあるからです。

カルシウムとマグネシウムを、1対2の割合で摂るとより効果的です。

マグネシウムは、ナッツ類・大豆製品・ほうれん草・海藻類・牡蠣・カツオなどに多く含まれています。

ナッツ類はおやつなどで手軽に食べられますが、比較的カロリーが高いので食べすぎには気を付けましょう。

また、マグネシウムが不足すると、いくらカルシウムを摂取しても効果的ではありません。
マグネシウムとのバランスが崩れると、カルシウムは骨にとどまることができずに血中に流れ出してしまうからです。

つまり身長を伸ばしたいからといって毎日牛乳をたくさん飲んでいたとしても、あまり意味がないのです。

大事なのは、バランスです。

身長を伸ばす食材と致しまして、カルシウムの他にマグネシウムも大切な栄養素になります。そしてマグネシウムは大豆に多く含まれている他に大豆からできている豆腐や納豆にも多く含まれています。

亜鉛

亜鉛には、たんぱく質や細胞組織の形成、成長ホルモンの分泌を促進する作用があります。
体内では蓄積できない栄養素なので、定期的に摂取することが必要になってきます。
また、亜鉛が不足すると味覚障害を起こす原因となります。

亜鉛が豊富に含まれている食品としては、牡蠣が一番です。なんとたった2粒で、1日に必要な亜鉛の量である15mgを摂ることができます。

しかし、毎日牡蠣を食べ続けるというのはなかなか難しいことですよね。元々、亜鉛は食事で摂ることが難しいと言われています。

牡蠣には及びませんが、豚のレバー・牛もも肉・ココア・煮干し・鰻の蒲焼きなどにも含まれているので、このような食品で補うことはできます。

以上の4大栄養素をメインに、バランスの良い食事をすれば、身長を伸ばすことは可能です。

足りない分はサプリメントなどを活用するという方法もあります。偏らないように、色々なものを食べることを心がけましょう。

 - 子供の身長